カートには何も入っていません

カートには何も入っていません

合計0 ¥

勃起・前立腺・年齢

安定した勃起は男性の心理的、身体的健康の兆候

「勃起不全」という定義は持続性であったり間欠性であったりする勃起不能、又は勃起の維持不能を指して広く利用されています。すべての年齢の男性の間は勃起不全の罹患率が10〜20%に達します。男性病の海外専門医のデータによると、先進国では、40際から70歳までの男性の52%は様々な形の勃起不全に苦しんでいます。

年齢と共に、性行為の生理で特定な変化が起こります。それは、生理的な変化として認めるべきです。男性は歳を取るにつれて、想像力、嗅覚刺激、興奮をもたらす映画の影響下、自然に勃起する能力を失います。それ故に、加齢に伴って外陰部を刺激する直接的方法が必要になります。それ故に、加齢に伴って外陰部を刺激する直接的方法が必要になります。多くの場合、セックスパートナーは、特に彼女は性行為の違うシナリオに慣れている時に、そのような刺激方法を理解できません。健康な男性は生理的変化にもかかわらず、年齢に関係なく、性交を行う能力を維持します。年齢は、性行為の制限要因ではないが、年齢に関連したアンドロゲン欠損や勃起不全を引き起こす主な要因となります。前立腺腺腫のような疾患の発症は加齢と関係があり、年を取ると共に慢性前立腺炎に罹患する可能性が高まっています。

過去数十年で、前立腺炎における性的障害に関するデータは、変化してきました。前立腺は痛み及び排尿異常につながることだけではなく、様々な性的障害をもたらすことについてのかなりの数のメッセージが現れました。前立腺炎にかかる男性の52%は性交障害を持っていることが観察されています。既に存在している性的関係が悪化し、又は完全に壊れ、(患者の67%)、新しい関係が築きにくくなり又は全然起こりませんことが(患者の33%)表れています。フィンランドで行われた研究の結果によれば、前立腺炎に患っている男性の43%は勃起不全、24%は性欲減退を訴えています。慢性前立腺炎にかかっている患者の性的障害は段階的に進行する場合もあります。最初は早漏が現れ、次は異常勃起が加え、その後、性欲の変化が起こる可能性もあります。もちろん、この順序は、それぞれの男性には必要ありません。

性行為、腺腫の大きさと尿障害の程度の間で関係があります。

ひどい排尿障害は、排尿の痛みの程度と尿意切迫の種類によって勃起不全及び射精障害をもたらします。これらの悪条件の結果は、診察された男性から言われた人生への一般的な不満です。患者の58%は性行為を行うためのペニスの硬度不足、50%は射精量の目覚ましい減少、男性の10%は勃起する時痛みについて報告しました。精密調査際、患者の多くの場合、病気は家庭不和を引き起こしました。勃起不全に悩む男性の60%は性的行為で悪化、ほとんどの喜びの喪失に対する心配を言ったり、戻せない若さを後悔しています。

前立腺腺腫と診断された患者に適切な治療方法を選択する際、特に性機能状態を重大視するべきです。年をとることを性的活動の低下や生活の不満感とよく結び付けているが、多くの患者は性的活動状態を維持しています。特に紛れもない変化が尿障害症状を持つ男性の性生活に観察されます。症状の存在が年齢条件と見なされる場合もありますが、この症状は年をとっている男性の生活質に深刻な負の影響を与えます。

それ故に、勃起不全の発症を予防するために、時宜を得た前立腺疾患(前立腺炎、BPH)の診断と治療は非常に重要です。

EDジャパン