カートには何も入っていません

カートには何も入っていません

合計0 ¥

早漏改善のポイント

今日は多くの日本人男性が悩んでいる早漏の改善方法についてお教えしたいと思います。 早漏に悩んでいる人がすごく多いんですけれども,実は早漏には何度以上いられなければ、早漏であるとか、何回以上ピストン ができなければ、早漏であるとか・・・そういう明確な定義がないですね。

そこで私が定義する早漏というのが「早漏とは自分で射精のタイミングをコントロールできないことでである」としています。つまり、遅漏も早漏なんですよ。

分かりますか?遅い方の早漏は遅漏です。射精のタイミングをコントロールできないという意味では遅漏も早漏も同じことですね。

今回は早漏対策についてのお話なので、そちらをお話しいきたいと思います。

先ず、早漏改善するには2つのポイントがあります。 1つ目が体位,2つ目が早漏治療薬です。

体位

先ず、1つ目は体位についてです。 「早漏に悩んでいるですよ・・・」という人に、先ず、「あなたはどういう体位をしますか」と聞くと、ほぼ100%「正常位」と答えるですね。 正常位といのは射精の体位です。射精をするための体位が正常位です。ただでさえ早くイってしまうのに、射精のなめの体位をしょっぱなからしたら、すぐイッチャイ決まっているですよ。なんでかというと、正常位は男性が自分のペースで腰を動かしやすいからですね。 騎乗位ならいいのかというと、相当も限らないんです。セックスの特異な女性がもし相手で、騎乗位に慣れちゃったら、ガンガンガンガン女性に動かれちゃって、結局イカされてしまうみたいなことが起きてしまいます。

そこでオススメの体位。

1つ目が添い寝。

2つ目が騎乗位の状態で女性にはゆかみ水平に寝てもらう、男性の側に寝てもらうということです。「茶臼のばし」と言います。

3つ目が座位です。特に座位がおすすめですね。なぜかというと、座位はお互いあまり動きやすくないです。そもそも、そんなにこう気持ちよさを求める体位ではないです。座位というのは二人の体が正面に向き合って座るわけですけれども、相手の体が近くにあって、お顔が近くにあって、キスして、体を触り合って、愛情高めます。スキンシップのための体位みたいなものなので座位はすごくオススメです。なので是非、正常位というものは最終手段というか、最後にする体位という風にしていただほうがいいと思います。

早漏治療薬

2つ目は早漏治療薬です。最近、早漏を克服するために一番人気のあるプリリジージェネリック(ダポキセチン)早漏治療薬を販売しています。プリリジージェネリックは勃起を最大4〜6時間持続させる治療薬です。

プリリジージェネリック(ダポキセチン)は男性が早漏に対抗することができる効果的なed薬です。射精を遅らせるプリリジージェネリック(ダポキセチン)は早漏の男性には素晴らしい助けになっています。

EDジャパン