カートには何も入っていません

カートには何も入っていません

合計0 ¥

マゾヒストとサディストはベッドの中で何をしている?

最愛の人について過度の配慮と卑屈、奴隷根性の間の線はどこにあるのでしょうか?変質者は誰だと考えられています。子どもにお仕置きをして子育てしている親ですか?又はテーマパーティーで偽の鞭で打ち合っている人ですか?「サドマゾ」について誰でも聞いたことがあります。しかし、それの本当の意味を理解する人が皆ではないと思います。

サドマゾの調査

有名な心理学者と性科学者であるジャスティン·リーミラー博士はサドマゾのファンの間で調査を行い、次の結果を得ました。回答者の50%がサディズムで実験していました(すなわち、痛みを与え、性的満足を受けました)

51%はマゾヒズムで実験していました(つまり、傷つけられたことから性的満足を受けました)。

特に、痛みのどの種類は最も一般的であり(肉体的苦痛および心理的苦痛)や痛みの激しさのどんあ重症度でした?そして、サドマゾ行為のどの種類が最も頻繁に実験されましたか?

マゾヒズムで実験した回答者のうちは、64%が肉体的苦痛、33%が肉体的および心理的苦痛の組み合わせ、3%が心理的苦痛だけを感じたとことが報告されました。62%が十分な鋭い又は完全に鋭くない痛み、26%が中等度の痛み、12%が非常に鋭い痛みを感じたと言いました。

サディズムを実験した回答者の結果の数字はほぼ同じです。66%は肉体的な痛みだけであったと言いました。32%は肉体的と心理的な痛みの組み合わせについて話し、2%は心理的な痛みだけを感じました。65%が十分な鋭い又は完全に鋭くない痛み、28%が中等度の痛み、8%が非常に鋭い痛みを感じたと言いました。

人気があるサドマゾの行為・統計

次に、回答者は、彼らがサドマゾを実験した時は具体的にどのような行為を行いましたと聞かれました。

6つの特定の行為は合わせて全てのサドマゾ行為の3分の2以上を占めました。

スパンキング-17%

奴隷制-12%

マスクや包帯の使用 - 11%

齧ること-11%

手錠の使用-11%

言葉による屈辱-8%。

サドマゾを体験した大半の人が激しくない又は中等度の痛みを感じたという結果によると、上記の行為は人気があることは驚くには当たりません。

しかし、最も痛みを伴う行為(カット、電流の使用、ピアス)は全てのサドマゾの行為の中でわずか2%を占めました。

下記は、より具体的な数値が挙げられている。 BDSMを実験された391人のうちは

ボンデージ - 183(12%)

バイツ - 166(11%)

ペグやクリップ - 52(3%)

カット - 11(1%未満)

電気ショック-17(1%)

平手打ち - 91(6%)

ギャグ - 70(5%)

性器の縛り - 27(2%)

手錠 - 171(11%)

ホットワックス - 45(3%)

マスクや目隠し - 172(11%)

ピアス - 5(1%未満)

スパンキング - 249(17%)

口頭屈辱 - 129(8%)

スカージ、むち打ち - 86(6%)

その他 - 62(4%)

EDジャパン