カートには何も入っていません

カートには何も入っていません

合計0 ¥

個人輸入代行とは

日本では販売していない商品や購入できない商品を購入したい場合、インターネットなどを使って海外から欲しい商品を海外通販で直接購入する方法があります。特に、処方される薬を処方箋なしで海外通販で購入することができます。

日本語対応

しかし、日本語対応をしていないお店がほとんどなので、購入の際には英語などの言語を使って商品の注文や支払いについても自分で対応しなければいけません。直接個人で輸入する利点は代理店を通さないので安く購入する事が出来ます。しかし、商品が届かなかった場合や、不良品や発送間違いなどのトラブルに合った場合、それらを自分で対応しなければなりません。英語や他言語に長けている人であれば問題ありませんが、時には上級レベルの言語力が必要な場合もあります。

支払方法対応

また日本のクレジットカードが使えないケースや日本への発送をしていないケースもあり、第三国を通しての購入が必要になる場合があります。購入の際には注意しなければいけないことも多いです。一番気を付けなければいけないのが、クレジットカードのスキミングです。闇業者にカード番号が渡り、数百万円の請求が来ると言ったトラブルもめずらしくありません。そんなリスクや手間をかけたくない人に代わって個人輸入の代行を請け負う会社が「個人輸入代行」をしてくれます。日本語で対応する事ができ、代行会社によっては銀行振り込みやコンビ二支払いにも対応してくれます。しかし、商品代金の15%~25%の手数料がとられるため、安く購入できないのがデメリットですが、今は多数の輸入代行業者があり、良心的な値段で代行輸入してくれる業者もあります。

そのため、安心できる代行業者を選び購入した商品が手元 に届くまでサポートサービスの充実した会社を選ぶ事が大切です。

EDジャパン