カートには何も入っていません

カートには何も入っていません

合計0 ¥

バイアグラとアルコール

バイアグラ、お酒を飲んでも効きますか?

バイアグラ服用後に体調が変わる事があります。ほてり、頭痛、消化不良などです。バイアグラの副作用は弱いため、ほとんどの方が数時間でその症状も改善されます。そのため、あまり心配する必要はありません。使用回数が増える度に体が慣れてくるため、副作用も改善されます。副作用が強めに出る方には錠剤を半分に切って使用することをオススめします。

バイアグラ服用後に、よくある質問があります。それは「効果がなかった」「効果が少ない、このバイアグラは本物??」というものです。安くはないバイアグラの薬に、効果がなかった時は正直誰でも落ち込み、購入したお店にクレームしたくなります。バイアグラ効果を得られなかった人にはある共通点が見受けられます。もし、バイアグラを服用しても効果を得られにくかった経験がある人は以下の点が当てはまっているからではないでしょうか?

・食後に服用した

バイアグラは空腹時が最も良い効き目があります。食事の影響を受けやすいため、食後の服用では、効果は半減します。服用するタイミングに気をつけましょう!

・飲酒後、酔っている時に服用した

以外に忘れがちですが、バイアグラと飲酒の関係は大きく影響します。アルコールを摂取後に服用すると効果が減ってしまいます。多少の摂取は影響を受けにくいですが、過度の摂取は避けましょう。

・性的興奮が得られなかった

バイアグラを服用すれば勃起すると思っている方が多いですが、それは違います。バイアグラの有効成分クエン酸シルデナフィルは「性的興奮後のペニスの勃起に対する男性陰部の血流増進・持続させる」効果があります。そのため、性的興奮が初めになければバイアグラを服用しても効果はありません。「妻や親せきから子作りのプレシャーをかけられている」「妻やパートナーにときめきを感じない」などの心理的問題がある方は服用しても効果を得られません。

他には「疲れていた」「睡眠不足だった」などの要因も大きく影響しますが、やはりほとんどの方が『飲酒』が原因で薬の効果が得られにくい要因になっています。 医療は日々進化しています。

そのため、近い未来「バイアグラ酒」などが開発できればアルコールを楽しみながら、愛するパートナーとのセックスも楽しめる時代がくるかもしれません。これからの医療の発展を期待しましょう。

EDジャパン