カートには何も入っていません

カートには何も入っていません

合計0 ¥

男性ホルモンの変化

男性ホルモンの変化

ホルモンの分泌量

年齢とともに、男性の体はある程度変化しており、その中で最も重要なのはホルモン分泌量の変化です。
通常、ホルモンの分泌量は30~40代から変化し始めます。女性ホルモンの変化は男性ホルモンより目立つ現象ですが、それは男性の体の中でも重要な過程です。
男性の体の中で一体何が変化するでしょうか?この変化は男性の生活や健康にどんな影響を与えるでしょうか?
主要なホルモンの変化は、テストステロンの分泌量の減少です。現代医学では、専門家は「男性更年期」・「男性更年期障害」より「性腺機能低下症」という用語のほうを頻繁に使用します。性腺機能低下症とは、年を取るにつれ精巣からの男性ホルモンの分泌が少なくなるということです。更に、専門家は、「加齢に伴うアンドロゲン欠乏」という用語を使用しています。例えば、80歳の男性のテストステロンの濃度は、25歳の男性のテストステロンの濃度の約40%です。テストステロンの分泌量は突然ではなく、30歳から徐々に減少し始めます。30〜40代になってから、テストステロンの分泌量は、年平均1-2%減少します。しかし、通常、男性はテストステロンが標準の低レベルに下がったときに、症状を感じます。しかし多くの男性はホルモンのテストステロンが正常範囲で老齢まで生産されています。
それ故に、35歳の男性でも80歳の男性でもアンドロゲン欠乏が起こることもありえます。性腺機能低下症の最も不快な症状の一つは性的欲望の退行と勃起不全です。性的欲望の退行に対処するためにはテストステロン補正の様々な方法があります。勃起不全を克服するためには、多くの場合、バイアグラ・シアリス・レビトラ・カマグラゴールドのような治療薬を使用します。
男性の場合、女性と違って、性交機能はすぐには失われないが、生殖能力は衰退します。
多くの場合、テストステロンの分泌量の低下は、部分的または完全な脱毛を誘発します。この場合、男性病の専門家に相談することをお勧めします。専門家が脱毛の原因を究明し、適切な治療を処方します。さらなる脱毛を防ぐためのプロペシアのような治療薬もあり、ホルモンのレベルを回復する治療薬もあります。
テストステロンは、体脂肪を燃焼させるのに重要な役割を果たします。テストステロンの分泌量が低下してくると、脂肪の燃焼効率が悪くなり、男性が肥満になります。余分な体重との闘いを開始する前に、体重増加はホルモンの要因又は正しくない食生活によって起こっているのかどうかを専門家に相談したほうがいいです。不健康な生活習慣が体重増加の原因になった場合には、適当な運動、適切なダイエット、リダ・ゼニカルのような医薬品の投薬、健康な生活パターンが問題の解決策になります。もし余分な体重がホルモンの分泌量の変化とつながっている場合は、専門家は適切な治療を処方します。 
乾燥肌、皮膚色素脱失が現れる可能性もあります。特に色素変化は顔と首に見られます。しかし、通常、皮膚の問題は人と接する職業を持っている男性にとっては、かなりの不快感を生み出します。
良いホルモンバランスのおかげでストレス耐性が上がり、集中力が高まることになりリラックスできます。男性はテストステロンの分泌量が低下してくるとストレスに対処できない、自分は存在価値がある人間だという自信を弱め、疲労感を生み、緊張感を高めることにつながります。医師が男性のホルモンバランスを正常化するためにホルモン薬を投与すると、症状が消えます。
骨粗鬆症の発症リスクも高まります。それ故、40代の男性はカルシウムを含む食物を十分に食べることに注意を払う必要があります。
多くの男性は、ホルモンの分泌量が減少してくると集中力が低下し、物覚えも悪くなってきて、自分の感情をコントロールできないことを訴えます。これはホルモンの欠乏が脳活動に影響を与えるために起こっています。
実際には、不快な何らかの症状が発生しただけの場合でも、すぐに医師の診察を受けることが望ましいです。例えば、40歳以上の多くの男性は、前立腺拡大によって膀胱の圧迫が増えるため、排尿困難の症状を訴えます。しかし、前立腺がんにも同じ症状があります。男性の更年期は非特異的症状がありますので、他の病気の症状と間違いやすいです。多くの男性はこの症状を無視して医師を訪問しません。

男性更年期障害を予防するには

男性更年期障害を予防するには健全なライフスタイルを送ることです。つまり、動物性脂肪を取る量を減らしたり、運動したり、悪い習慣から抜け出したり、バランスの取れた食生活をしたりすることです。

EDジャパン